ル・クルーゼ、ココットエブリィで炊く美味しいご飯

Japanese food Yutaka Spring Sales

明けましておめでとうございます。

ユニごんです。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ところで初夢はもう見ましたか?ユニごんの初夢はな〜んと、たった1日洗濯をさぼってしまったら部屋の半分くらいが洗濯物の山で埋め尽くされていたという恐ろしい夢でした。「何これー!」「何でこんなに洗濯物があるのー!」と大量の洗濯物を目の前に叫んでいました。悪夢です。

調べてみたら洗濯をする夢は浄化の意味があり、拭いきれない不安や過去の嫌な出来事など自分の負の感情を綺麗にしようとする夢だそうです。

が!

ユニごんの場合は大量の洗濯物を前に呆然としている夢でした。

大量の洗濯物の夢はストレスがマックスなのだそうです・・・ストレス、これはどうにかしないとダメです。

さて、年末から始まったふわり記事ベストテン。今日からふわりもいつもの盛り沢山の記事にもどります。そんなトップバッターをユニごんなんかが書いていいのだろうか?と恐縮ですが・・・書いていいねんて〜。

では新年初記事は「ル・クルーゼ、ココットエブリィで炊く美味しいご飯」の紹介です。

ユニごんは前までずっと5合炊き電気炊飯器を使っていました。でも知らないうちにできてしまったお釜のテフロン加工のキズが気になって気になって仕方ありませんでした。

新しい電気釜を買うのもいいけど、直火でご飯を炊きたい、鉄鍋で炊くご飯ってそんなに美味しいのかなと、ある日から鉄鍋が気になりネットで色々調べていました。我が家は4人家族。お米を炊いてもだいたいいつも2合。たまに3合だったり1、5合だったり。この際電気炊飯器は場所もとるし思い切って卒業しよう!・・・ってことで

買っちゃった〜!

ル・クルーゼの「ココットエブリィ18」

3合炊き炊飯専用鍋 ?

1925年にフランスの小さな村の鋳物工場から生まれたル・クルーゼ。今や世界を代表するブランドですよね。

鋳物の最大の特徴は、優れた熱伝導と蓄熱性。ゆっくりムラなく熱が入り、食材が煮崩れせず、甘みや旨みを最大限に引き出してくれるのです。

ドーム型のフタも熱と蒸気が食材を包み込むように対流するよう計算されて作られています。

私も15年くらい前に買ったル・クルーゼのお鍋ココットオーバルを今でも愛用しています。

このココットエブリィ、実はお米大好き日本人とフランス職人が一緒に開発して炊飯専用に生まれました。

毎日(Every day)、皆んな(Every one)に、いろんな料理(Every menu)を作って欲しい!

という思いからこのココットエブリィと言う名前が生まれたそうです。

コロンとしてて、かわいい?

私は鉄の重み、そしてちょっとアンテークな感じの艶のない黒に惹かれたので黒を選びましたが、他に定番のオレンジ、グレー、白、ピンク、があります。(日本はもっと色の種類があるみたいです。)

ピンクもかわいい?

大きさは3合炊きと言うだけあって小さめなので場所も取りません。

もちろん、このココットエブリィも美味しいご飯が炊けるように計算されて作られています。

底の丸み

底の丸いカーブは対流を効率化することで踊り炊きが起こる設計となっており、炊飯に非常に適しています。

見ての通り縦に長いのでちょっとした麺類茹でるのもいいかも〜!

内蓋付き

他にはないル・クルーゼの内蓋付きは内蓋があるだけで圧力がよりいっそうかかりお米をふっくら仕上げてくれ、吹きこぼれも防いでくれます。

吹きこぼれないと言うことはお豆を炊く時にもいい!

内鍋

今までのル・クルーゼの鍋はエナメルコーティングされていましたが、ココットエブリィの内鍋はマットな黒のホーロー加工なので素材がこびりつきません。お米が引っ付かないんです。洗うのもすごく楽!

油馴染みもいいので焼き付けるお料理にも向いてるそうです。

揚げ物もできる!

もちろんスープやシチューも煮物もどんと来い!

いいとこだらけ!

それでは、さっそくご飯を炊いてみましょう。

水はお米1合に対してだいたい200ml

  • 3合 水540ml〜600ml
  • 2合 水350ml〜400ml

私はちょうど間くらいの水加減にしました。

  1. お米を洗ったらお水に最低20分は浸す
  2. 中火で沸騰したら火を弱火に落として10分
  3. 火を止めて10分蒸らす
  4. できたら鍋底からふんわり混ぜる

沸騰する様子がわかりにくいので最初はちょこちょこ中を覗いてみてください。

グツグツ

鍋底が小さいので火が直に当たるのと底の丸みで熱対流が起き熱の伝わりが早い〜

3合で沸騰するまで7分くらい、2合で5分くらいかかりました。ガスコンロや水の温度によってここら辺は各家庭で変わってくると思うので あらかじめ沸騰する時間を測っておいて次回からはタイマーをかけるのもいいと思います。

蒸らすこと10分。ドキドキして中を開けると

ほ〜れ、ほ〜れ!

左端ご飯がポロってなってるのはつまみ食いしてしまったから。

もう〜完璧!

お米がふっくら〜。モチモチ〜。ツヤツヤ〜!

さすが計算されて作られているだけあって、これはすごい。感動〜!

お米一粒一粒が独立してふっくら!この日は我が家のお米独立記念日!お米の神様も喜んでいるだろうなぁ〜

噛むと甘い!ご飯が美味しい!

一口食べてユニごんは言った。「めっちゃ美味しい。なにこれ?めっちゃ美味しいねんけど。。。」

3合、2合、1.5合と炊いてみましたが、どれも失敗なく美味しいふっくらご飯ができました。

見てこのお椀に盛ったご飯?

白ごはん好きの子供達も違いがわかるのか「ご飯美味しい!」と言っておかわりしまくり〜

前まで使っていた電気炊飯器で炊くご飯とは全く違っていました。炊飯専用に作られたココットエブリィ、これは本当に買ってよかった。

今度私はこれでチーズフォンデュでもしてみようと思います。

以上、ユニごんのおすすめ炊飯鍋でした。

2021年が皆様にとって素晴らしい年になりますように。


人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いつもお読みいただいてありがとうございます。ブログ・ランキングに参加していますので、下のひつじちゃんをクリックして応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村

下の猿ちゃんもクリックして応援よろしくお願いします
人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram / Facebook / Twitter にも遊びに来てくださいね。

About the Author: ユニごん

大阪出身在英25年。ティーンの子供2人のお母さん。愛犬ダップーに癒される毎日。

Share This Story, Choose Your Platform!