「Great Taste Awards」ってなに

Japanese food Yutaka Spring Sales

皆さんこんにちは!
Akiiikoです

皆さん、普段スーパーなどで買い物をする時に、
「great taste★」などと書かれているシールが貼られている商品を見たことはありませんか?

Guild of Fine Foodsは、グルメ食品のニュースを扱う英国の家族経営の業界誌出版社で、このGreat Taste Awardsは、このグルメ食品の業界誌出版社が発起した、「アワード(賞)」のことです。

この賞は1995年にさかのぼります。
初年度の応募数は100件に満たず、12のカテゴリーで12人の専門家がブラインドテイスティングをするものでした。
しかし、このAwardsは着実に勢いを増し、エントリーは約500に増加し、30人の専門家がブラインドテイスティング。
それから25年以上が経ち、今となっては年間12,500件以上ものエントリーがあり、500人以上の専門家がブラインドテイスティングを行うという、世界でも最大規模の食品認定アワードとなっているようです。

エントリーされる食品のサンプルは、生産者によって提出され、そのカテゴリーの専門家の審査員によってブラインドテイスティングが行われます。
その審査員たちというのは料理評論家、シェフ、食品バイヤー、ジャーナリストたちが大半です。
また、すべてのパッケージとブランドが取り除かれ、製品名は表示されないようで、まさに「味で勝負」なのだそう。

星の数は1つから3つまであり、それぞれの意味は
★ = Simply delicious
★★ = Outstanding
★★★ = Exquisite

小さなビジネスから大手スーパーの自社ブランドまで、エントリーはどの食品生産者でもできるのだそう。
Great Tasteなら「アルチザン」の食品だけなのでは?と思いがちですが、Aldiなどの自社ブランドでこの賞を獲得した食品もあるんです。
世界各国100以上の国々からからエントリーもされるようで、日本の食品も賞を獲得しています。

Great Taste Awardsのウェブサイトを見ると、
カテゴリーは30以上にも分かれていて、その中には、
- ビール
- シリアル
- オイル
- ソーセージなどの加工肉
- 調理済み食品・お惣菜
- 冷凍食品
などなど。。。
また、そのカテゴリーの中でもさらに細分化されています。

なかなか信頼のある賞ってことが伺えますね!

イタリアのピアディーナ。
温めてそのまま食べるもよし、何かはさんで食べるもよし。
我が家の大好物です。
ウェイトローズのオレンジマーマレード。
オレンジがギュッと詰まってます。
パルメザンチーズはどこも高い!
なのにこのリドルのはお得です。
たくさん使う家庭にはありがたい+おいしい。
ビーガンのカレーソースなのに、すごくおいしい。
我が家でインドカレーを作るときはこれじゃなきゃダメ。
安心して食べれるのも◎。
Aldiのフレンチ風レンズ豆。他のレンズ豆の調理済み食品を色々試したけど、これが一番。

いかがでしたか?
こんど買い物に行った際は、このGreat Tasteの★付きを探してみるのも楽しいかも。
または、もしかしたらみなさんの戸棚にも、Great Tasteの★付き食品があるかもしれませんね!

この★が付いているからといって、すべてが皆さんのテイストに合うわけではないと思います。
みなさんのお勧め・お気に入りを是非見つけてみてください。

いつもお読みいただいてありがとうございます。ブログ・ランキングに参加していますので、下のひつじちゃんをクリックして応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村

下の猿ちゃんもクリックして応援よろしくお願いします
人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram / Facebook / Twitter にも遊びに来てくださいね。

About the Author: Akiiiko

東京都出身。1998年からロンドン周辺に在住。バッグや小物、靴、アクセサリーなどで、面白く素敵なデザインを探すのが好き。不器用なので、メイクよりスキンケア。サプリも良く飲む。

Share This Story, Choose Your Platform!