イギリスでクワガタ!?

Japanese food Tazaki Yutaka sake sale

どーも、たまさぶろうです。年齢が上がるにつれ、日本の夏の暑さは耐えられなくて、在英7年目にして1度も夏に里帰りした事はありません。今でこそ、日光過敏症持ちですが、子供の頃は真っ黒になるくらい、外で遊ぶ活発な子でした。

私たちの子供の頃って、今みたいにゲームや携帯もなくて、遊びといえば川遊びや山遊び(高知では特に)ばっかりだった記憶があります。虫も何でも触るのもへっちゃら。

ここ最近、暑い日も多くなってきたけれど、日本の夏に比べてイギリスは気温もそう高くはならないので、日本でみる昆虫はハナからいないもんだと思ってました。

クワガタとの遭遇

先日お掃除中に、掃除機をかけていた私。ドアの後ろ側もちゃんと掃除機かけましょーっとドアを閉めると、なんとそこには黒々とした物体が!!!

ん!?ゴキブリ!?

にしては大きい・・・子供のおもちゃ?

いやいや、ここはご夫婦共に90歳を超えてるお宅だし、お孫さんも大きいはず。

めっちゃビビりながらよくよく見てみたら、クワガタ虫‼︎ でも、久々過ぎて気持ち悪くて(ごめん)触れない・・・生きてるのかも確かめられない。

そこで、仕事の相棒に「help me?」と泣きつきました。彼女、普段から蜘蛛などの虫を見つけると手掴み(見てるだけで、背中が寒くなるけど)で逃してあげる、心優しい人。

でもさすがに大き過ぎたのか、「こんなの、手では掴めんやん。挟まれたらどうするのよ」なんて言いながら、ティッシュで優しく包んで、外に逃がしてくれました。

ハサミが赤い!!!
全長5cmくらいあったかな。

お掃除終了後、相棒と共にクワガタ虫の安否確認していたら、近所のおじさんが通りかかって声をかけてきた。クワガタ虫を見せると、「クワガタ虫はイギリスじゃ保護種だよ」と教えてくれた。

保護対象なのか!家に帰って色々調べてみると、「ヨーロッパミヤマクワガタ」というらしい。生息地域はイギリス南部〜ヨーロッパ全域、ロンドン周辺で、“The Wildlife and Countryside Act1981” という野生動物保護法の適用を受けているんですって。ふむふむ。

それと、もしクワガタ虫を見かけたら、London Wildlife Trustのページで、クワガタ虫(以外の昆虫も)の分布や数を把握するための情報収集もしているらしい。←これは、相棒がレポートしてくれました。

なんだかすごい!

在英歴の長いふわりブログメンバーに聞いても、見たことない人が多数だったから、得した気分になっちゃった?

そして次の週、別のお宅でお掃除が終わって掃除道具を片付けていたら・・・

女の子、発見!
けっこう美人さん?

今度は雌のクワガタ虫に遭遇‼︎2週も続けて。またまた得した気分になりました。踏まれないように、草むらの陰にそっとうつしておきました。

これから夏に向けて、お掃除に行くたびに、クワガタ虫や他のレアな昆虫や生き物を探す楽しみが増えた、たまさぶろうでした。

いつもお読みいただいてありがとうございます。ブログ・ランキングに参加していますので、下のひつじちゃんをクリックして応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村

下の猿ちゃんもクリックして応援よろしくお願いします
人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram / Facebook / Twitter にも遊びに来てくださいね。

About the Author: たまさぶろう

南東ロンドン在住、高知県出身。編み物が好きで、毛糸を見るとすぐに買うので、見ないようにしている。ストレス解消方法は掃除。 ONE OK ROCKをこよなく愛する2児の母。

Share This Story, Choose Your Platform!