✨キラキラ✨高級チョコレート〜XO CHOCOLATE〜

Japanese food Tazaki Yutaka sake sale

こんにちは、ユニごんです。

自己隔離中です。

あ〜暇だな〜と言っていたら息子に「ブログ書き〜や」と言われました。?

「書くわい!」?

さーてと、

ユニごんが好きな物、それはチョコレート?

子供の頃から未だに大好きなチョコレートは日本のアポロチョコです。日本に行くと必ず沢山買って帰ってきます。うちの母親は今でも日本から荷物を送ってくれる時にアポロチョコを入れてくれます。(いくつやねん!?)でも、ほとんど子供達に奪われますが・・・

ユニごんの苦手な物、それはヘーゼルナッツが入ったチョコレート

ヨーロッパのチョコってヘーゼルナッツが入っているのが多いですよね。一般的にチョコとヘーゼルナッツって合うんでしょうね。でも私はどうも苦手なんです。イギリスに来たての頃に食べたチョコにヘーゼルナッツが入っていると気づかず、なんやイギリスのチョコは変な味がするなぁ〜?と思っていました。

そんなユニごんは、3年前から毎年クリスマスプレゼントの1つとして、普段気軽に買えないちょっと高めのチョコレートを旦那に買ってもらっています。

Pierre Marcolini

3年前と2年前のクリスマスチョコです。美味しい高級チョコが食べたい!と言ったらPierre Marcoliniのチョコをプレゼントしてくれました。

Pierre Marcolini(ピエールマルコリーニ)、ベルギー生まれの高級チョコです。

カラフルで色んな形があって可愛くないですか?ちょっと小ぶりですが、これで33個入って£35。お値段もリーズナブル。もちろんサイズは豊富!

チョコレートのガナッシュが入っているチョコだけでも(左端)、色々と種類があります。効きチョコできるよ。

ユニごんはフルーツ系が大好きです。特にパッションフルーツとかマンゴー、オレンジ、ベリー。そして、ヘーゼルナッツが入ってるチョコは全部旦那にあげると・・・。

お勧めです。

今週末は父の日!父の日ギフトもありますよ〜??

Pierre Marcolini

William Carley

昨年のクリスマスチョコです。

イギリスに住んでいる日本人の中では有名ですよね。

昨年のロックダウンになる前、御使い物用にチョコレートを買いにWilliam Carleyのお店に行ってきました。さすがそこにはイギリスのチョコレート店では見ないようなワサビや山椒、抹茶、ほうじ茶などが練り込まれたチョコがありました。

その年のクリスマスチョコはWilliam Carleyのチョコレートをリクエストしました。(リクエストしないと毎年Pierre Marcoliniばっかりになる可能性もあったし?)

旦那がオーダーしたのが20日だったから仕方ないけど、届いたのは1月4日でした。絶対旦那、チョコの事忘れたと思ってたわ。

箱が届き嬉しくて嬉しくて蓋を開けました。パッカーン!

こちら36個入って£55。Pierre Marcoliniのチョコよりお値段高め。

どんなチョコレートが入っているか息子とメニューを見ながら見てみると、「あれ、これとこれ一緒やん?」「あれ、これとこれも一緒・・・」「あれ?これなんか3つもある」「えー同じチョコがいっぱいあるよ?」物によったら同じチョコが3個も入っていました。

あ、売れ残りを詰めたんだな・・・ユニごん凹む?

うーむ?・・・ちょっと、いや結構、いやめっちゃがっかりしました。

メニューに載っていた抹茶もほうじ茶も、他にもメニューに載っていた沢山の種類のチョコレートがこの箱の中にはありませんでした。オンラインを見たら中に入るチョコレートは異なりますとは書いていましたが、ここまで同じものばかり入ってると結構テンション落ちた。?

£55も払ってくれたのに?

それともう一つ言うと、チョコレートの仕上げが雑かなと。? 

配送してもらったので多少の傷は仕方ないのかと思うけど、でもチョコレートの上の飾りつけ方も汚くないですか?

わざとかな・・・??

斬新的なみたいな??

でもウエブの写真は飾り付けは、すごくきれいやけど?

1個1個手作りやから仕方ないのかな☹️


正直もうここはいいかな・・・そんな気分になりました。

今回、ロックダウン中でお店が開いてなくかったのでオンラインでオーダーしてくれたのですが、お店が開いているなら直接店に行って自分が食べたい味をチョイスして買うのをお勧めします。

William Curley

XO-CHOCOLATE

さて、この前友達のお勧めでアイスクリームを食べにWimbledon へ行ってきました。子抜きで!(念のため言う時ますけど、行ったのは自己隔離前ですよ〜?)

すっかりアイスクリーム屋さんだと思い込んで行ってみると、そこはチョコレート屋さんでした。

場所はメインのストリートから少し離れたQuicks Rd。はて、なんでこの場所なんやろ?? こんな住宅地でやっていけてるのがすごいわ。?

ここはまだ1店舗だけの小さなお店ですが、チョコレートがすごく綺麗なんです。

ビー玉みたいに艶々。見てるだけなんて我慢できない、久しぶりの外出という事でチョコレート買ってもらいました。

種類は少ないんですけど、本当一粒一粒が丁寧に仕上げられているのがわかります。中にはビーガンチョコもありました。

ヘーゼルナッツと書いてるのは無視してこの8個お買い上げ!

まるで宝石箱!(そんな名前のアイスあったな昔?) 食べるのが勿体無くなるくらい

8個で£13.50。お値段はちょっと高めですが、見た目もキラキラ色鮮やかで綺麗だし、プレゼントとしても喜ばれると思います。

ちなみにこのお店ケーキもあります。行ったのが遅かったので種類はあまり残っていませんでしたが・・・またまた、久しぶりの外出やしこのまま見過ごすのもどうかという事で(??)、ミルフィーユ食べて帰りました。

中はカスタード、パイ生地サクサク、美味しいのらぁ〜?

あ、そうそうここに来た目的はアイスクリームでしたよね。もちろん目的も果たして帰りましたよ〜

アイスクリームも程よく甘くて美味しい〜!日本を思い出しながらいただきました。

スタッフの方ももフレンドリーでとてもいい感じのお店。Wimbledonに行く事があれば寄ってみてはいかがでしょう〜?

XO CHOCOLATE

今年のクリスマスまで6ヶ月切ったし、今年はどこのチョコレートにしようかなぁ〜〜〜?(気が早いてか??)

以上、ヘーゼルナッツが苦手なユニごんでした。


人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いつもお読みいただいてありがとうございます。ブログ・ランキングに参加していますので、下のひつじちゃんをクリックして応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村

下の猿ちゃんもクリックして応援よろしくお願いします
人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram / Facebook / Twitter にも遊びに来てくださいね。

About the Author: ユニごん

大阪出身在英25年。ティーンの子供2人のお母さん。愛犬ダップーに癒される毎日。

Share This Story, Choose Your Platform!

Leave A Comment