COVID-19の検査受けてきました

Japanese food Tazaki Yutaka sake sale

皆様こんにちは。ふあにゃんです。最近、悲しいニュースを知りました。私が大好きで尊敬していた猫ちゃんのボブが亡くなったのです。

ボブのことは、このブログでも好きな本の紹介で取り上げたことがあります。覚えている人いないと思うけど。。。とにかく原作も映画も当の猫ちゃんも大好きなのです。本当に悲しいニュースでした。

年齢不詳で少なくとも14歳以上だったので、寿命だったのかな?安らかに逝ってくれたらいいなと思っていましたが、数日後に交通事故だったという発表があり、胸が張り裂けそうです。

猫はスピリチュアルな存在だと感じるのです。特にボブは猫の中でも神様みたいな特別な猫。だから、ボブはこの事故も宿命として受け入れていると思います。でも、悲しい。本当に悲しいです。

ボブの冥福と、飼い主でパートナーのジェームズが悲しみを乗り越えられることを、お祈ります。ボブを知らない人には、この機会にぜひ彼の存在を知ってもらいたいです。


さて、先週からお店も開いて、土曜日には無観客でプレミアリーグも始まりました。警戒レベルも4から3に引き下げられました。徐々に元の生活に戻っていく道筋が見えてきたような気がします。

コロナってもう終息したんだっけ?

しかし、その道筋は慎重でなければいけないはずなのに、巷にはルールに従わないイギリス人が溢れています。

「2メートルのソーシャル・ディスタンス?密室じゃないんだから大丈夫さ。」

「マスク?あんなの息苦しくって、つけてられねーよ。」

ルールは個人の都合で勝手に解釈されています。

そんな中、子供たちも公園で友達に会うようになりました。ソーシャルディスタンスを守っているかどうか見張るわけにもいかないので、子供を信じて、というか見て見ぬふりで、自由に出歩かせています。

そういう私も、友達と初めて対面で会うことになり、当初は庭で会う予定だったのが、その日が寒かったので、「ま、いっか!」ということで、お家に上がり込んでしまいました。(本当はいけないのです。)

こうして、お友達とおしゃべりしていると、目に見えないコロナは、もう本当にいなくなったのかもしれない。。。なんて気持ちになってきます。

ところが、そんなルール違反を犯した日の夕方。友達と公園で遊んで帰ってきた息子が発熱したというではないですか!しかも39度!

コロナ疑惑浮上

今になって、我が家にコロナ到来か!まさに気が緩んだ途端の出来事でした。

早速、NHSのコロナ情報サイトにアクセスしました。そこには、以下の症状のうちひとつでも当てはまれば、なるべく早く検査を受けろと書いてありました。

  • 発熱
  • 咳(最近発症して続いているもの)
  • 味覚・臭覚の喪失又は変化

確か以前は、症状があってもしばらく自宅で様子を見るように言われていたのに、今現在はすぐに検査を受けさせてくれるんですね。ラッキー!早速、翌朝の検査をネット予約をしました。

本当は検査が受けられるのは症状の出ている人だけなのですが、同居人3人まで追加して一度に申し込めるようだったので、何の症状もないピンピンしている家族全員分まとめて予約してしまいました。やったー、私も検査してもらえる♪

そうして翌朝、コロナ検査を車に乗ったままで受けられるドライブスルー検査場に行きました。ロックダウン以来、家族揃って車でお出かけするのは初めてです。久しぶりのお出かけになんだかウキウキ♪ 場所は車で20分ほどの場所にある某公園の駐車場です。

持ち物は以下の通り。

  • 予約した際にメールで受け取ったQRコード
  • 写真付きID
  • マスク
  • ハンド・サニタイザー(手の消毒液)

ドライブスルー検査

検査場に着くと、マスクをして迷彩服を着たお兄さんたちが迎えてくれました。QRコードを見せて、検査キットを受け取って、駐車場へ進み、案内された場所に車を停めました。IDを見せるようにも言われなかったし、症状があるのかどうかも聞かれませんでした。良かった、ほっつ。

私はてっきり、この迷彩服のお兄さんが私の鼻に綿棒を突っ込んでくれるのかと思っていましたが、そうではなく自分でやらなければいけないのでした。え~、上手く出来るのかしら?こんなことなら、メールでリンクが送られてきたビデオをちゃんと見ておけば良かった~。

https://www.youtube.com/watch?v=zCqo7MhQT6U&feature=youtu.be

検査キットの中に入っている説明書を読んで間違いなくやらなければと思うと緊張します。しかも、何やら難しそう!

まず、手を消毒してから綿棒を取り出し、扁桃腺に10秒間こすりつけます。

え!??扁桃腺ってこの喉ち〇この両側にあるやつ?こんな奥まで届く?え!?舌には触るなって?もう触っちゃったよ~。無理でしょ、そんなの~、オエッ!?

この作業は絶対に鏡が必要なので、後部座席に座っている人は手鏡を持っていた方が良いと思われます。

次は同じ綿棒を鼻の奥に突っ込んで10~15秒間こすりつけます。

え!??鼻の中クリクリを10秒間もくしゃみせずに!?無理でしょ~?ハックション!!?

そんな感じだったので、ちゃんと粘膜を採取出来ていたのか謎ですが、終わった綿棒を細い筒型の容器に入れます。

え!??この綿棒って容器より長いのに、これどうやって蓋するの!?無理でしょ~?え、綿棒の棒を切ってから入れる?どこを切る?折れる場所がある?どこよ?あ、折れた。も~早く言ってよ~そんなこと書いてあった~?

そして、この容器を小さい方のビニール袋に入れ、次に大きいビニール袋に入れて終了。

え!??どっちのビニール袋が小さい!?バーコードのシール貼るの?あ、既に貼ってある?

この間、車の窓は閉めておかないといけないので、密閉空間になり余計に焦ります。ミスを犯してはいけないので緊張します。暑いのでイライラも増します。後部座席では、私よりもモタモタしている息子を娘が攻め立て、それに息子がブチ切れ、険悪な空気が溜まっていました。

なんだか、上手く出来ているのか分からないけど、とりあえず終了したので、私たちの粘膜付き綿棒を迷彩服のお兄さんに渡しました。待ち時間無かったし、無料だし、凄いなNHSって。

結果発表

結果は2~3日後に分かるということで、それまで自主隔離か~。この日が土曜日だったから早くて火曜日くらいか?

と思っていたのに、次の日の早朝に結果がメールとテキストで届いていました!超高速!凄い、本当にこれNHS??

高熱があって怪しかった息子は陰性。良かった。ただの風邪だったのかな?

娘と旦那も陰性。そりゃそうだよね~、息子が陰性なんだから。

で、私の結果は・・・Unclear=判別不可能!?

やっぱり、ちゃんと採取出来てなかったんだ~、残念!でも、同居の家族全員が陰性なので私も陰性でしょう。Unclearの人も、症状がなく感染者との濃厚接触もないのであれば、自主隔離しなくてもいいと書いてありました。

この検査は抗体検査でないので、またいつどこで感染するかは分かりません。今回のことで、まだまだ油断してはいけないのだと思いました。

皆様もくれぐれもお気を付けくださいね~。


人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いつもお読みいただいてありがとうございます。ブログ・ランキングに参加していますので、下のひつじちゃんをクリックして応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村

下の猿ちゃんもクリックして応援よろしくお願いします
人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram / Facebook / Twitter にも遊びに来てくださいね。

About the Author: ふあにゃん

趣味でピアノを弾いていたら知人から教えてほしいと頼まれたのがきっかけで、いつのまにか職業になってました。東京都出身、在英20年超、ロンドンの南の端っこ在住、常に貧乏。好きなテレビ番組は「5時に夢中!」。

Share This Story, Choose Your Platform!