プチ不幸の克服法 1

Japanese food Tazaki Yutaka sake sale

誰にも求められていないと思いますが、最近続いたプチ不幸をご紹介させてください。


・右手に3本棘が刺さり(親指の付け根、親指の爪と肉の間、人差し指の指先)、トゲ抜きや針を駆使しても抜けなかったので放置(結局1週間ほどで自然に抜けましたが、常に最悪を予想する癖があるので、破傷風で苦しむ自分の姿を想像し数日間苦しむ)。

・絶対受かると思っていたオーディションの第一次選考にあっさり落ちた(最悪を予想する癖があるはずなのに、肝心なところで役に立たず)。

・恥ずかしすぎますが、上記のオーディションの仕事を勝ち取れない可能性は無いと思っていたため、現在のフルタイム職先には6月いっぱいで辞める意思を伝え済み(40歳を超えた大人として、ヤバすぎる行動・・・・)。

・メインのフルタイム(10時間X週4日)仕事の合間に、その他の副業(音楽系)&オーディション準備&子どもたちの溶連菌もどき感染(抗生物質なしで回復)&学校行事等、私のキャパ内でそれなりに頑張ったけれど成果が得られなかったためか、この週末からガクッと気落ちし、現在鼻風邪(花粉症かどちらか不明。過去15年以上、イギリスの花粉で発症したことはなかったけれど、もし花粉症まで発症していたら、プチ不幸リストに一つ加えることができます)で、夜は鼻詰まりで寝られないのに、昼間は眠たすぎて何も手につかない。

・鼻水ずるずるの中、とりあえず親子丼くらいは作ろうと玉ねぎを切っている最中に、左手薬指先も切る。それなりの出血量だったのだけれど、我が家にはバンドエイドが一枚しか残っていなかった。 明日お店が開く時間まで、現在のバンドエイドを貼り続けるべきなのか・・・

などなどです。 不幸の内容がインパクトに欠けるものばかりですみません。

しかも、メインテーマであるプチ不幸克服法を書く気力がなくなってきた(鼻水出過ぎで)為、ワタクシ事で大変恐縮ですが、次回(1ヶ月くらい先?)まで、克服法コーナーはお待ちいただきたく存じます。

克服法の一つとして、「傷を舐め合う」というものも考えられますので、我こそはと思われる方は、ぜひ不幸自慢をお願いいたします。


人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いつもお読みいただいてありがとうございます。ブログ・ランキングに参加していますので、下のひつじちゃんをクリックして応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村

下の猿ちゃんもクリックして応援よろしくお願いします
人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram / Facebook / Twitter にも遊びに来てくださいね。

About the Author: たぬき

兵庫県南部出身。 ロンドン周辺の高級住宅街には一度も住む事がないまま在英10年以上。 常に転職を考えているフルート&尺八吹きです。 将来の目標は、読書環境(漫画も含む)と食事情が好みの老人ホームを見つけて、楽しい老後を迎えることです。

Share This Story, Choose Your Platform!