Veganの新しい常識!?Jackfruitってなんだ。。美容効果あり!?

Japanese food Tazaki Yutaka sake sale

街はすっかりクリスマス。

この時期にしか聞かない数々のあのクリスマスソングも、

気付いたら口ずさんでいることってないですか?

スーパーに行くと、高カロリーのたくさんのパーティーフードが並び、

ターキーの予約受付デスクには、エルフの帽子をかぶった従業員が笑顔でお客さんを待っています。

クリスマスディナーといえば、ターキーですが、最近はもう何でもありですね。

Vegan, Vegetarian Optionもどんどん増えてきました。

いろいろチョイスが増えることは、とても嬉しいこと。

そんなスーパーのVeganフードコーナーで目にしたのがこれ。

Jackfruit。ジャックフルーツ。

なんだろう。。。フルーツ!?

お肉の代わりに!とソースにマリネされ、BBQポークみたいだと。。。

フルーツなのにお肉みたい!? 色々不思議。

気になる。。。Veganじゃないけど。。。(ただの野菜好き)

ということで、ちょっと調べてみました。

≪ Jackfruit   ジャックフルーツ ≫


ジャックフルーツというのは英語で、日本語ではパラミツと呼ばれ、クワ科パンノキ属のフルーツ。

原産はインドやバングラデッシュと考えられ、東南アジア、南アジア、アフリカやブラジルで果樹などとして栽培されています。

幹から直接枝が伸び、そこに果実が生じます。不思議ですね。

長さは70㎝、幅40㎝、重さが40-50㎏にもなることがあり、世界最大の果実ともいわれています。

表面の色は緑。熟すとだんだん黄色くなっていくのだそうで、たくさんのイボイボがあります。

正直、あまり凝視できない。。。

その表面の殻にナイフを入れて半分に割ると、中には沢山の果実と、更に中にはブラジルナッツくらいの種が

熟した果実を生のままいただくのも美味しいそうなのですが、

このジャックフルーツを熟さないうちに開けて果実を調理すると、なんとお肉のような食感になるらしいのです。

要は食物繊維とタンパク質が多いからで、(ジャックフルーツは炭水化物を含みます)

普通のMeat-eaterでさえも騙されてしまうほどだと言います。

そしてその種は、乾燥されてそのままナッツのように食されたり、

茹でるとお芋のような食感になるそうで、

インドなどジャックフルーツが食される地域では、豆の代わりにカレーに使われるそうです。

美味しそうですね。

ジャックフルーツ(果実)の栄養価は高く、

食物繊維、タンパク質はもちろん、

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、葉酸、

マグネシウム、カルシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、リン、

などなど。。。

もちろんミートフリーでグルテンフリー。

上記の栄養価から考えられる人体への好効果は、

骨粗しょう症予防、がん予防、ぜんそく症状軽減、という大きなものから、

虫歯予防、高血圧の予防、貧血予防、などがあるというのです。

それに加えて、

食物繊維と多くのビタミンが

むくみ解消、便秘解消、老化予防、肌を保護して肌荒れ予防(!)を促してくれると。

(上記の効果を出すにはどれだけ食べないといけないの!?というツッコミが思い浮かびますが)

でも少しでも身体にいいなら、これはもう放っておけない!!!!

アジア系のスーパーやアジア系の八百屋さんに行かないと、生のジャックフルーツはお見かけしませんが、

皆さんの地域のスーパーのベジタリアンコーナーには、加工されたものや缶詰に入ったものが売っています。

今回は冒頭の写真にある、加工されてBBQソースにマリネされたものを調理してみました。

袋から出してフライパンで焼くこと8-10分。

Pulled Pork と食感が似ている、ということで、ソフトタコスに生野菜と一緒に挟み

コリアンダーと(Veganフードということで)Soy Yoghurtをのせてライムを絞ってみました。

いっただっきまーす!

ん。。。。。むむむ。。。。

この加工食品が微妙なの? ジャックフルーツが微妙なの?

これ、アーティチョークみたいじゃないですか!

たしかに繊維質は感じますけど、それもアーティチョークにそっくり!

今回購入したのが、もうしっかりマリネされているものなので、

ジャックフルーツの元々のフレイバーがどうかというのは、これでは全く分かりません。

言い方を変えれば、「臭みや独特のクセもないので、味付けによって美味しく変化できる食材」ということ。

でもアーティチョークでしょ、これ。。。というほど似ています。

お肉と間違える人が本当にいるんだろうか?なんて疑問も持ってしまいました。

しかし、Vegan/Vegetarian食のチョイスの幅が広がった事は確かでしょう。

お肉の代わりといえば、今まで大豆を加工したものや、カリフラワーステーキなどでしたが、

これからはジャックフルーツも選択肢として入ってくることで、

更にVegan食がカラフルになることは間違いなし。

お肉を食す(私もそうですが)人にとっても、ついつい食べ過ぎてしまうこの時期。

食べた感も満足できるジャックフルーツで、たまには胃を休めることができますね。

ちなみに、缶詰のジャックフルーツは、

ほぐしてビーガンヨーグルト、粒マスタード(本当はDijonの方がいいのかも)、

みじん切りにした赤オニオンオリーブオイル、そしてレモン汁と塩コショウと和えてみたら、

ツナマヨの代替品になる感じ。ジャケットポテトやサンドイッチにしても美味しいと思います。

茹でたジャガイモとケール、お好きなナッツやシードなどと混ぜたら、

クリスマスパーティーでの一品としても使えそうです。

最後に、熟した生のジャックフルーツは、ハイチューみたい!と言っている人を聞きました。

ハイチューみたいで身体にもいいなんて、食べてみたい!

機会があったら生のジャックフルーツを探して、試してみたいと思います。

その時はまた、レポートしますね。


他の記事のリンク

Akiiiko


イギリスの暮らしを楽しくする情報や生活に役立つ情報など、本気な情報を日々発信中です。

ふわりいぎりす


人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いつもお読みいただいてありがとうございます。ブログ・ランキングに参加していますので、下のひつじちゃんをクリックして応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村

下の猿ちゃんもクリックして応援よろしくお願いします
人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram / Facebook / Twitter にも遊びに来てくださいね。

About the Author: Akiiiko

東京都出身。1998年からロンドン周辺に在住。バッグや小物、靴、アクセサリーなどで、面白く素敵なデザインを探すのが好き。不器用なので、メイクよりスキンケア。サプリも良く飲む。

Share This Story, Choose Your Platform!