ワクチン受けてきました!Part2(Eva編……ファイザーに慄く)

Japanese food Tazaki Yutaka sake sale

みなさまこんにちは。Evaです。

気温が上がって春のような雰囲気になって来ましたね。

庭を眺めると「どうして庭仕事を始めないの?」という自分自身へのプレッシャーがせりあがってきます。あぁ、またこの季節が始まるのか……。昨年のロックダウンの時、必要以上に色んなことをやり過ぎて、今年また同じレベルの事をやれるとはとても思えません。夫が手をつけたパティオも訳の分からない段階で放置されたまま……

さてさて、土曜日のpart1(えとわーる ☆編)に続いてpart2です。

私の場合、突然GPからワクチン接種予約のリンクがテキストで送られてきました。既往歴から免疫が低いと判断されたのか、年齢的にはまだ先だと思っていたので驚きました。

接種されるであろうと予想したアストラゼネカワクチンについて調べ、副作用を確認した上で予約することにしました。 一番の理由は、接種していない場合に英国から出られなくなったら困るというものでした。

すでに感染した義家族の心配をしながらも、日本にいる両親の事が気になっていて、事情が許せばすぐにでも帰省したい。今後ワクチンの有効期限がどう扱われ、また変異種がでれば個々のワクチンの効果がどう評価されるのか分かりませんが、この時点で出来ることは全てしておこうと決めました。

当日、自宅から車で五分程度のセンターへ出かけました。それほど混んでいず駐車もスムーズ、受付も速やかに終えてすぐに用意されたテーブルへ着席しました。近親者の連絡先を確認してアレルギーや服薬歴を質問された後、副作用について説明を受けました。

(このあたり、センターによって違うんですね。えとわーる ☆のpart1をご参照下さい)

「じゃぁ打つわね。どちらの腕にする?」

「どちらでも………」

「じゃぁ利き腕じゃ無い方にするわね」

「OK」

ファイザーよ」

えぇっ?ファイザー?副作用調べてないんですけど❗️

驚いているうちに、小さなグラスボトルの半分ほどを注射器で吸い上げて、いきなりブスッ!

「はい、終わり!15分休んでから帰宅してね」

私は、ワクチンがファイザーだったことにショックを受けつつ休憩用の席へ移りました。15分経つまでもどかしく、帰ったらファイザーのワクチンについて調べなきゃと考えていました。GPによってはファイザーかアストラゼネカか選ばせてくれる所もあるようですし、最初から指定されている場合もあるようです。私の場合は全く情報がないまま、単価が安いのでアストラゼネカだろうと思いこんでしまったのですね。だからといって、接種時点で選べたのかどうかは疑問です。

接種カードとワクチン接種に関してのパンフレットをもらって退場しました。次回は8週から12週後と言われたような気がしますが、ファイザーが頭の中で回っていてはっきりと覚えていません、笑

帰宅してからリサーチすると、まぁ心配になるようなケースばかりオンラインニュースになっていて辟易しましたが、仕方ないですね。

私自身は、接種後に若干の目まいと悪寒がありました。翌朝の倦怠感は特別なものではないように思います。注射した腕の痛みは五十肩に加えて結構なものだったので、利き腕ではなくて良かったと思いました。ただ、1週間後に副作用が悪化したケースや2回目接種後にアナフィラキシーショックが出るケースがあるようなのでこれからも気をつけていこうと思います。

これから接種されるみなさま、ワクチンを選択できるのであれば副作用等を納得いくまで調べてからどうぞ〜〜。

?可愛らしい羊とラマのクリック宜しくお願いいたします❢


人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いつもお読みいただいてありがとうございます。ブログ・ランキングに参加していますので、下のひつじちゃんをクリックして応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村

下の猿ちゃんもクリックして応援よろしくお願いします
人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram / Facebook / Twitter にも遊びに来てくださいね。

About the Author: Eva

子年生まれ。ブラックラブラドールオーナー歴9ヶ月。イギリスで全く想定外の車屋の女房になる。

Share This Story, Choose Your Platform!