車屋の女房イタリア放浪記その5/最高のブルスケッタは気合の入ったトマトで?

Japanese food Tazaki Yutaka sake sale

みなさまこんにちは。車屋の女房です。

その1はこちら?

その2はこちら?

その3はこちら?

その4はこちら?

イスキア最終回です。 今回はお食事編。

ホテルからシャトルバスで Sant’angeloタウンまで行って、そこからボートタクシーで少し先のビーチまで足を伸ばすことができます。もちろん、Sorgetoまでもボートタクシーで行けます。

イスキア滞在三日目、ホテルのお兄さんお勧めのビーチハウスがあるというのでボートタクシーに乗って行ってみました。

崖下沿いにあるビーチなので幅が狭いながらビーチハウスが連なっています。

サンベッドとパラソル使用料をまず払います。確かサンベッド2つとパラソルで50ユーロ。

車屋の女房はまずビール。

そしてビール。ナポリでもそうでしたがドイツビールが多かったです……ドイツ人が多いのでしょうか。

ここのビーチハウス、お料理が美味しかった。(これでホテルのお兄さんを信用してしまったのがいけなかったかも……その4参照)

家族経営で、レストラン並みのお料理が頂けるのでびっくり。

トレイに並んだ本日の鮮魚から手長エビを選んでスパゲッティにしてもらいます。

情報はこれだけです…
野菜のミスト
このエビ!北海道で食べた以来の新鮮さ
ボンゴレも美味
娘が頼んだニョッキ
夫が未だに忘れられないアップルフラン
お隣のテーブルから頂いた桃?入り白ワイン

満腹の後はひたすらビーチでうたた寝しました……。

翌日は息子がホテルでゆっくりしたいと言い出したので、お隣のホテルへランチに出かけました。

このホテルも候補だったのですが、四人部屋の詳細がよく分からず候補から外しましたが、眺めは抜群!

(Sorgetoはほぼほぼ隣になります)

一応予約を入れたのですが、席についてみると私たちともう1組だけ。30分もすると私たちだけの貸し切りになっちゃいました。

(ホテルエントランス近くにコールドフードのみのトラッテリアがあってそこは混んでいましたよ〜)

今日の鮮魚コーナーから蟹を選びスパゲッティにしてもらいます。

まだ動いてました…

私は別にウニのスパゲッティを選びました。10年前のシシリー以来食べてないヨーロッパのウニ……

前菜には何となーくブルスケッタを選んだのですが、これが美味しかった。

トマトの味が違いました。もちろん味付けも塩がキリッと効いて、なんでもぼやけた味のイギリスのイタリアンとは別物。

気合の入ったトマトだからこそ塩も活きるのですね。

大きなバジルの葉にも圧倒されつつ食べ終わるとスパゲッティが到着。

無言で食べ続ける家族を久しぶりに見ました?

このトマトも美味しかった

ウニのスパゲッティもナッツを上手に使ってあって美味しかったです。

私たちの滞在しているホテルでも野菜は自家栽培、あちこちでトマトが干してあり

販売もしています。

毎朝出る果物も自家栽培。ワインは隣にあるワイナリーのワインだったりと

地産地消のお手本のようです。

イスキアで果物が美味しかったので、ナポリでも毎日スーパーマーケットで果物を買って食べましたが、

鮮やかな色の洪水に見惚れました。

このスーパーマーケット、家の近くに引っ越してくれないかな……と真剣に考えてしまった車屋の女房なのでした?

今日も車屋の女房にお付き合い頂きありがとうございます!

下の可愛らしい羊?と手毬のクリック宜しくお願いします!!!


人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いつもお読みいただいてありがとうございます。ブログ・ランキングに参加していますので、下のひつじちゃんをクリックして応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村

下の猿ちゃんもクリックして応援よろしくお願いします
人気ブログランキング

アクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram / Facebook / Twitter にも遊びに来てくださいね。

About the Author: Eva

子年生まれ。ブラックラブラドールオーナー歴9ヶ月。イギリスで全く想定外の車屋の女房になる。

Share This Story, Choose Your Platform!